事業内容

 北海道に居住する勤労者が金融機関から融資を受けるとき、その融資に係る債務を保証しています。
道内に本店を置く銀行、労働金庫、信用金庫、信用組合と保証契約を取り交わしています。

■保証制度の概要

1. 資金使途 健康で文化的な生活を営むために必要な生活資金とし、使途は医療、教育、冠婚葬祭、自家用車の購入等のために要するものであり、本人・被扶養者及び同居親族の範囲の利用となります
2. 被保証人資格 道内で働く勤労者(転勤等による道外勤労者を含む)で、正社員のほか、契約社員・派遣社員及び嘱託社員等の非正規労働者も含まれます
3. 保証限度額 500万円以内
4. 保証期間 10年以内、ただし、最長15年まで延長可
5. 保証料率
(1) 資金使途が教育・
医療資金
年0.70%(年収300万円未満の方 年0.50%)
(2) 資金使途が介護・
育児資金
年0.40%
(3) 資金使途が
上記以外の生活資金
年1.20%(年収300万円未満の方 年1.00%)
※上記保証限度額は、常用労働者を対象としていますが、雇用形態や年収によって保証限度額は相違します。
※上記保証料率は、平成30年1月1日現在のものです。